アメマス【釣り】

こんにちは
アルクスポンド焼津の飯塚です。

年末年始に放流される魚種についてご案内いたします。まずはアメマスですが、大きく魚種を隔てるククりに「鮭族」があります。なんの目的かワタクシには存じませんが、背びれと尾びれの間に存在する脂ビレを持つ魚種がこの「鮭族の」の特徴となります。意外ではありますが鮎やワカサギなどもこの種に属し、大きな特徴として、海に下る習性を持ち合わせます。
ニジマスならスチールヘッド、ヤマメはサクラ、アマゴはサツキ、ブラウンならシートラウト、イワナなら今回のアメマスとなるわけです。ただイワナの習性として上流域を好む性質があります。基本的に冷水を好むことから、こういった生活環境を好むので、本州以南は里川が温かいため、海に帰る行動はやめてしまったと考えられます。主に北海道の冷水域のイワナ(蝦夷イワナ)はこういった冷水域の環境にマッチしているため、海に下るのも容易なのだと言われています。海に下る大きなメリットは「豊富な食糧」です。山間部で育つのとエサの量が段違いのため、大きく育ちいっぱい子孫を効率よく残せる摂理なのです。山間部で育つイワナも比較的費用対効果の高い大き目な昆虫などを好んで食しますが、アメマスが主に食べるのは小魚になる為、非常にどう猛な性格をしています。スプーンやクランクで釣れる事もありますが、やはりアメマスに似合うのは「ミノー」だと個人的には感じております。連続トウィッチ後のポーズでガツン!非常に気持ちの良い瞬間であります。ロックトラウトはハイブリッドですが、この後に続くサクラマスも同じような性格ですので、併せてお楽しみください。