アルクスポンド宇都宮の自然【その他】

こんにちは!アルクスポンド宇都宮の森永です。

少し前になりますが、ポンド横にある小川で
野生のクサガメを見つけました。

川で釣りをしているとカメが甲羅干しをしている
光景をよく目にしますが、
その殆どが外来種のミシシッピアカガメで
野生の国産ガメを発見するのは久々だったため、
思わず写真を撮ってしまいました。

先日、アルクスポンド焼津スタッフのブログにて
釣り場の生き物がご紹介されていましたが、
実はアルクスポンド宇都宮もじっくりと辺りを
見渡せば、様々な面白い生き物に出会うことが
できます!

例えば、ポンドの水の出口となるアウトレット。
排出口の網に藻や枯れ草が引っかかり、スタッフが
定期的に掃除を行なっている箇所ですが、
枯れ草に紛れて水生昆虫が引っ付いていることが
あります。

8月に発見したタイコウチ

上の写真のタイコウチの他に、
タガメやミズカマキリが引っかかっていたことも
ありました!
どの水生昆虫も普段の生活ではなかなか出会う
機会が少ない珍しい生き物だけに、
見つけた日は少し幸運な気分になれます。

珍しい?白いアマガエル

そして、反対にアルクスポンド宇都宮でよく
見かける生き物といえば・・・

もちろん一番はニジマスですが、
意外と目に留まる生き物が上の写真のアマガエル
です!

最近は冬眠モードに入り、石の裏などに身を
潜めつつありますが、
少し前までは夕方になると、どこからともなく
現れて、流し台の蛇口や窓など至る所に張り付いて
いました。

因みに写真のアマガエルは体全体が真っ白で、
初めて発見した時は珍しいと思い、写真を撮った
のですが、
後で調べてみると、アマガエルは周りの環境に
合わせて色を変える習性があり、土や白壁に
擬態して白く変化することはよくあるようです、、

ポンド横を歩くイモリ

上の写真はカエルと並んで日本の両生類を
代表するアカハライモリ!
こちらはなかなか見かけないですが、
夜にポンド横をてくてく歩いているところが
発見されました!!

そして最後に、
今アルクスポンド宇都宮にて話題の生き物、
”謎の魚X”をご紹介。

ポンドに突如現れた小さな魚で、
管理棟内の水槽にて現在展示しております!

謎の魚Xの水槽

毎日少しずつ成長しており、もう少し大きくなれば
その姿から正体がはっきりと分かるかもしれません。

実は初めからスタッフは正解が分かっているの
ですが、ぜひお客様自身でその正体を暴いていた
だければと思います!

ぜひ挑戦してみてください♪